頭の中のゼムクリップ

鹿児島。西郷どん(せごどん)。カフェ・ランチ。なんでも書くブログ。

【鹿児島・武岡】CAFÉSHOPで使われる至高のパン。ベーカリーショップ『TAK Bageri-Cafe』(タックバゲリカフェ)

SPONSORED LINK

f:id:gem-clip:20170702120732j:plain

鹿児島らしからぬ新スタイルカフェ「CAFÉSHOP」が2017年3月、鹿児島・天文館にオープンした。今もなお行列が続き、鹿児島の女性たちを虜にし続けているが、このカフェで使われる至高のパンを提供するベーカリーショップが、鹿児島市武岡にある。それが『TAK Bageri-Cafe』だ。

新スタイルカフェ「CAFÉSHOP(カフェショップ)」

f:id:gem-clip:20170702120740j:plain

2017年3月のオープン以来、鹿児島の女性を虜にする新スタイルカフェ「CAFÉSHOP(カフェショップ)」。そこは「本当に鹿児島なのか?」と疑いたくなるような、全く新しいスタイルのカフェなのだ。

 

【鹿児島・天文館】CAFÉSHOP(カフェショップ)オープン。見たことのない世界がそこには広がっている。ここは本当に鹿児島なのか…? - 頭の中のゼムクリップ

 

今もなお行列が続き、その人気はとどまるどころか勢いを増している。そんなCAFÉSHOPの食材の基本となる「パン」は、鹿児島市武岡のベーカリーでつくられている。それが『TAK Bageri-Cafe』(タックバゲリカフェ)なのだ。

『TAK Bageri-Cafe』(タックバゲリカフェ)

鹿児島のパン屋のレベルは高い。数ある鹿児島のパンの名店から、CAFÉSHOPで使われるパンとして『TAK Bageri-Cafe』(タックバゲリカフェ)が選ばれた。

 

鹿児島市武岡。人口10,000人強の鹿児島中央駅にほど近いベッドタウン。住宅が続くうち、すぐにそれと分かるオシャレな建物。ここは南国・鹿児島ですか?と聞きたくなるような北欧調のスタイル。

f:id:gem-clip:20170702120756j:plain

よくぞ、タックのパンを。オーナーは相当な目利きだと思った。なぜなら『TAK Bageri-Cafe』は、北欧スタイルに完全にマッチした至高の作品を提供するベーカリーショップだからだ。

店内の様子

f:id:gem-clip:20170702120731j:plain

美味しそうなパンが並ぶ。どれも美味しそうなので、なかなか選べない。

 

f:id:gem-clip:20170702120732j:plain

店名『TAK Bageri-Cafe』の由来ははデンマーク語。TakはThankで感謝。BageriはBakeryでパン屋。

 

北欧感が素晴らしくショコラ、カンパーニュなども販売されている。この固めの素材感たっぷりな感じが、CAFÉSHOPのクロックムッシュなどのデジュネ(昼食)にマッチングするんだろう。

 

f:id:gem-clip:20170702120733j:plain

土曜日の昼下がり。人気のパンはけっこう売れちゃってる。

 

『TAK Bageri-Cafe』の小麦は「マルマメン工房」でつくられている逸品。鹿児島県霧島市の清らかな山地で農薬や化学肥料を使わずに製造されている。素材も鹿児島、そこからこれだけ丁寧に作り上げられて出来たパンが鹿児島人の舌に合うのは当たり前だ。

 

4種類のパンと、コーヒー(150円)を注文し、イートインスペースで頂くことにした。

 

イートインスペース

f:id:gem-clip:20170702120750j:plain

北欧の落ち着いた雰囲気。子供用の絵本もあり、ほっこり( ˘ω˘ )

 

f:id:gem-clip:20170702120739j:plain

昼下がり、窓からの風景を眺めながら一人、至高のパンを食す優雅なひととき

 

f:id:gem-clip:20170702120736j:plain

コーヒーだけでなく、各種ティーなども揃っている。

 

f:id:gem-clip:20170702120738j:plain

 テーブル席が5席・10名程度。カウンターと合わせて全部で15席くらいだ。

 

f:id:gem-clip:20170702120741j:plain

ななな・・・バルミューダ(BALMUDA The Toaster)じゃないですかーーー!これ以上美味しくしてどうするの。でも、パンはやっぱり温かいものをいただきたいですよね。焦げ目をつけず中までアツアツにあたためる「リベイク」モードで温めることにした。

 

f:id:gem-clip:20170702120742j:plain

リベイク」とは、ベーカリーで買ったパンを温め直すこと。

BALMUDA The Toasterなら、スチームと完璧な温度制御で、焦がさずに中まであつあつに温めることができます。焼きたてのさっくり感がよみがえります。この特別なおいしさをぜひお試しください。

パン屋で蘇ったパン、いただきます。 

塩パン ¥100

f:id:gem-clip:20170702120744j:plain

タック流の小ぶりでかわいい塩パン。そこまでバターと塩が強い感じではなく、コッペパンとしての食感、味を大切にしている。

 

フレンチトースト ¥160

f:id:gem-clip:20170702120746j:plain

 古くは4世紀にはローマ帝国で食されていたという「フレンチトースト」。スタッフの方に一番人気を尋ねたところ、「食パン」とのことであったので選んでみた。しっかりとシロップ、はちみつがしみ込んでいる。

 

f:id:gem-clip:20170702120747j:plain

このしっかりとした甘さが好き。

 

モーンプルンダー ¥230

f:id:gem-clip:20170702172656j:plain

僕は、『TAK Bageri-Cafe』のシナモン系のパンがめちゃくちゃ好きなんです。モーン(黒ケシ)の香りと甘さがマッチングしていて美味しい。これぞ北欧って感じのパンですよね。

 

明太子フランス ¥160

f:id:gem-clip:20170702120754j:plain

和のテイストを取り入れた「明太子フランス」。 明太子に焼き色がつくくらいしっかりと炙れば、それは美味しいでしょう。フランスパンの固さとマッチして噛めば噛むほど明太子のピリッとする感じとあっていて美味しい。

 

いかがでしたか?

『TAK Bageri-Cafe』がオープンして、もう3年になるそうです。鹿児島のパンの名店として、その立場はゆるぎないものになりました。これからも地の食材をいかすお店として、新たな魅力を発信し続けてもらいたいですね。

 

人気店だけに、昼過ぎに訪問しても多くのパンが売り切れていることが多々あります。朝方、お出かけがてら覗いてみてはどうでしょうか。至高のパンがいただけますよ。

f:id:gem-clip:20170702120745j:plain

TAK BAGERI-CAFE(タック バゲリ カフェ)

Facebook https://www.facebook.com/tak.bagericafe/

《住所》鹿児島市武岡4-20-1
《TEL》099-298-5966
《営業時間》7:30~18:00
《休日》日曜日、月曜日

 

CAFÉSHOPにも行ってみる?

 

県外勢も鹿児島に進出 「鹿児島のパン」はホットな話題