頭の中のゼムクリップ

鹿児島。西郷どん(せごどん)。カフェ・ランチ。なんでも書くブログ。

あなただけに教える名店。『アンボワーズ』の絶品シュークリームを紹介するよ【鹿児島中央駅】

Sponsored Link

鹿児島の隠れた名店『アンボワーズ』の絶品シュークリームを紹介したいと思う。フランス出身パティシエが創り出す芸術は限定20個なので予約必須。

『アンボワーズ』のシュークリーム

皆さんはシュークリームお好きですか?

 

誰からも愛されるスイーツ、シュークリーム。僕も大好きです。シュー生地の中にカスタードクリームが入っているという、きわめてシンプルなスイーツだからこそ、違いを出すのが難しい。すぐに味の違いが分かってしまうスイーツだからこそ、人に紹介するのもなかなかに難しい。

 

そんな中、鹿児島マスターの僕がおススメするシュークリームの隠れた名店をあなただけにこっそりと紹介する。限定20個だから夕方にはいつも売り切れてしまうのだが…このお店は優雅な気持ちにさせてくれるので特別に。持ち帰り予約ができ、鹿児島中央駅のすぐ近くなので県外の方にも是非味わってもらいたい。

 

アンボワーズの外観

 

フランスの国旗がなびくアンボワーズ

鹿児島中央駅西口から徒歩2分。それがこの『アンボワーズ』だ。ここはフランスのパリではない。鹿児島だ。この建物はフランスを彷彿とさせる都会型デザイナーズマンションであり、この2階にティーサロン『アンボワーズ』がある。

 

オシャレな内装のアンボワーズの内観

『アンボワーズ』は、ティーサロンとして有名だ。紅茶ソムリエが厳選した14種類の紅茶を味わうことができる。さらに、フランス出身のパティシエによるフランス伝統菓子をランチメニューとして楽しめるカフェ&ランチの隠れた名店でもあるのだ。

 

滝の流れる風景

入り口から滝や床下の水の流れ、石畳の床、アイアンの手摺、美しい螺旋階段など、パリの雰囲気に浸れる空間だ。オーナーのクリエイト感がしっかりと伝わってくる。開店は11時。ランチタイムに優雅なひと時を味わうことにした。

 

アンボワーズのショーケース

ショーケースにスイーツが並ぶ。シュークリームを目的に来たのだが、ついつい目移りしてしまう。ひとつひとつにこだわりがみられる素晴らしいスイーツばかりだ。ティーとお好きなスイーツのセットも楽しむことができるが、 今回はシュークリーム(200円)と紅茶(700円)を注文することとした。

 

アンボワーズの紅茶

 

アンボワーズで取り扱う紅茶は最高級紅茶『ロンネフェルト』だ。


180年以上の歴史があるドイツの紅茶メーカー「ロンネフェルト」。優れた品質と深い味わいは伝統ある最高級ホテルはもちろん、ヨーロッパの多くの人たちに愛されている。アンボワーズでは14種類のロンネフェルトから最高の一杯を選ぶことができる。

 

スプリングダージリンの紅茶

今回オーダーしたのはスプリングダージリン(700円)。ファーストフラッシュ(雨季の時期の新芽)の紅茶だ。特徴的な淡い色をしている。味にクセがなく、香りも爽やか。まさに紅茶の中の紅茶だ。

 

ファーストフラッシュはこの時期だけになるので生産量が少なく、ゴールデンティップス(新芽の中の新芽)が多く含まれているため、市場価格は非常に高い。香り高さと深い味わいが楽しめるダージリンだ。

 ティータイマー

ティー専用のパラドックス ティータイマー

ティータイマー」を見たことはありますか?少なくとも僕はこのお店以外で見たことがない。細かな配慮と並々ならぬ紅茶へのこだわりがみえる。

 

アンボワーズのシュークリーム

 そしてこのシュークリーム(200円)。じっくりと眺めてもらいたい。生地は柔らかめ。軽めの「サクッ」と音がした後に「フワッ」と広がる食感だ。そして口に広がっていくクリーム。しっとりとしたシューとクリームは濃厚であるのに甘すぎない。生地同士がしっかりとマッチする、大人が楽しめる上品な味なのだ。

 

 

シュークリームはフランスの伝統的なお菓子だ。日本で好まれるシュークリームはフランスでは「シュー・ア・ランシエンヌ」(伝統的なシュークリーム)と言われるくらい。アンボワーズのシュークリームがここまで美味しいのは、やはりフランスの味を知るパティシエのなす業なのだろう。日本でよく見るシュークリームとは全く違っていて、最高においしい。

 

アンボワーズの風景

 

アンボワーズ

私が訪問した時はマダムたちがランチや会話を楽しんでいた。

 

開店と同時に訪問したので遠慮なく頂くことができたが、週末のランチどきは本当に人気がありすぐに席が埋まる。持ち帰りで買うときも多いのだが15時ごろには売り切れてしまうだろう。幸い取り置き予約ができるので、午後の場合は電話予約は必須である。

 

 僕はご近所へ遊びに行くときに必ずこの『アンボワーズ』のシュークリームを手土産に訪問する。誰もが必ず喜んでくれる。何も迷うことなく選ぶことができる絶品シュークリーム。鹿児島人にとってありがたい隠れたスイーツの名店なのた。

アンボワーズのシュークリーム

カフェ&ランチ『アンボワーズ』

《住所》鹿児島市武1-4-2 (JR鹿児島中央駅西口近く)
《開館時間》 11:00 ~ 22:00 ランチ:11:30~
 19:00以降は予約
《電話番号》 099-298-1000
《定休日》 月曜日(休日の場合は営業)

ランチメニュー

ハンバーグランチ 1,100円(税込)
キーマカレーランチ 1,100円(税込)
ケーキセット 950円(税込)~
季節の2段プレートランチ 2,100円 (税込)
ワンプレートランチ 1,200円 (税込) ほか

Copyright © 2017 頭の中のゼムクリップ All rights reserved.