読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中のゼムクリップ

鹿児島。西郷どん(せごどん)。カフェ・ランチ。なんでも書くブログ。

『本能寺の変』ダンスで2018・大河ドラマ「西郷どん(西郷隆盛)」をざっくり予習する【エグスプロージョン】

『本能寺の変』で一躍時の人となったエグスプロージョンの「踊る授業シリーズ」。新作「西郷隆盛」が発表され話題となっているので鹿児島マスターが紹介します!これを見てざっくりと2018年・大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)を予習せよ!

 エグスプロージョン

f:id:gem-clip:20170514085442j:plain

本能寺の変」でブレイクしたエグスプロージョン。頭に焼き付くキャッチーなフレーズですよね。あくまで歴史の出来事は諸説ありですがww

エグスプロージョン(EGU-SPLOSION)は、日本のダンスユニット・振付師。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。YouTube上に公開した動画『踊る授業シリーズ』がヒットし、2015年3月に公開された『本能寺の変』は、これまでに5300万回以上再生されている。

 

2018年・大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)

f:id:gem-clip:20170505211927j:plain

鈴木亮平演じる西郷隆盛を主役とした2018年大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)。西郷隆盛は今もここ、鹿児島では英雄として語り継がれていますが、実は謎多き人物でもありました。こうした謎も、彼らはうまく表現してくれていますので、順に紹介したいと思います。

 「西郷隆盛」 踊る授業シリーズ 【踊ってみたんすけれども】

f:id:gem-clip:20170514085443j:plain

 
セットポジション

f:id:gem-clip:20170514085445j:plain

西郷どん(西郷隆盛)と西郷どんの愛犬ツン」のお座りポーズから始まる。上野公園の西郷像は、東京の方のみならず、みなさんご存知ですよね。西郷隆盛が犬をかわいがっていたのは有名な話。西郷どんが飼っていたのは薩摩犬という野性の血を強く受け継いでいる猟犬で、名前を「ツン」と言いました。薩摩犬は、気性の荒い猟犬なんですよ。

 

おいどん おいどん 西郷どん

f:id:gem-clip:20170514085516p:plain

おいどん おいどん 西郷どん

おいどん」とは 「おれ」と言う意味。東京で言えば「わがはい」といったところ。「~どん」とは、「~さん」と言う意味。薩摩武士の言葉として知られている。薩摩の人々は、誰に対しても優しい西郷隆盛のことを愛着を込めて「西郷どん」と呼んでいた。ちなみに私も30年以上鹿児島に住んでいるが、自分のことを「おいどん」と言う者に出会ったことはない。

 

 

1877年 最後の内戦 西南戦争

f:id:gem-clip:20170514085435j:plain

1877年 最後の内戦 西南戦争

明治政府とバトル 薩摩のリーダー 西郷どん

西南戦争で西郷隆盛の人生はクライマックスを迎えることとなる。新政府に反故にされていた薩摩の士族たちは、新政府に強い不満を抱え、乗り気でなかった西郷を担ぎ上げ、西南戦争を起こします。結成された西郷軍は三万人、一時は熊本城まで攻め込みます。しかし政府軍の圧倒的な援軍を前に、防戦一方となり、激しい戦いの末、西郷軍は政府軍に打ち破られ、滅びました。西郷は鹿児島の城山で最後を迎えることとなります。西南戦争大河ドラマ「西郷どん」でも最終盤の重要な意味をもたせる戦いとなるでしょう。

 

 印象的な 眉毛メーン

f:id:gem-clip:20170514085437j:plain

印象的な 眉毛メーン 眉毛メーン 眉毛メーン

これはもう、そのまんま。とにかく西郷さんといえば、太い眉、くりっとした大きな瞳。西郷どんの真似をしたいなら、まずは眉毛を太くすればよい。太い眉は男っぽく、野性味があり、かつ優しい印象を与えやすい。2018年はモテ眉のトレンドとなるだろう。

 

写真が嫌いで 撮ったことがない メタボメーン

f:id:gem-clip:20170514085440j:plain

 写真が嫌いで 撮ったことがない メタボメーン

 残ってる絵は 描いた画家の 予想でごわす

生涯写真を1枚も残さなかったと言われている西郷どん。実は私たちがよく見る西郷さんは、どれもこれも言い伝えや親族の証言を基とした似顔絵なのです。明治天皇が写真の提出を求めた際も拒否した、という逸話も残っています。西郷どん自身が暗殺を恐れた、周りの者が神格化して撮影を認めなかった、などいくつかの説があるようです。 

 

  惚れた女の あだ名は 豚姫

f:id:gem-clip:20170514085446j:plain

惚れた女の あだ名は 豚姫

愛した女性も メタボウーメン

西郷どんは生涯で3度の結婚をし、その他いろいろな浮名を残しています。デブ専だった、という話があります。「豚姫」とは西郷隆盛が寵愛した女性のことです。愛した女性がデブだったので、その名がついたと言われていますが、実際、誰のことを豚姫と呼んでいたのかは分かっていません。西郷さんはデブ専、と一躍有名にしたのは、「西郷と豚姫」という名の歌舞伎演目が作られてからと言われています。

 

ちなみに大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)では、禁断の恋心が芽生え、心揺れ動く篤姫北川景子、西郷3人目の妻となる運命の女、岩山糸(イト)黒木華が演じるので、豚姫なんてワードは決して出ることはないでしょう。

 

愛犬の餌は 鰻丼

f:id:gem-clip:20170514085439j:plain

 愛犬の餌は 鰻丼

西郷どんはとにかく鰻が大好きでした。体が不調の際は、鹿児島の鰻温泉で治療を行っていました。そんな西郷どんが、鰻より大好きなのは愛犬でした。店で鰻丼を注文し、そのまま食べさせていたようです。西郷隆盛にとにかく影響を受けている現代の鹿児島。鰻の養殖生産量は、日本一です

 

いかがでしたか?

エグスプロージョンの西郷隆盛。相変わらずキャッチ-なダンスが頭に焼き付きますよね。あっ・・・この西郷隆盛のストーリー、諸説ありでーーす。

f:id:gem-clip:20170514085444j:plain

 

 

動画はコチラから

Copyright © 2017 頭の中のゼムクリップ All rights reserved.