頭の中のゼムクリップ

鹿児島。西郷どん(せごどん)。カフェ・ランチ。なんでも書くブログ。

【2018・大河ドラマ西郷どん小事典】 西郷ロス(せごロス 英:SEGO-ROSU)とは?

SPONSORED LINK

f:id:gem-clip:20170709103354j:plain

2018年大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)の主人公、西郷隆盛。師弟愛や家族愛、男女の愛、『愛』に溢れたこの男も、明治維新をその目で見ることなく最後を迎えることとなる。西郷ロス(せごロス 英:SEGO-ROSU)が持つ意味とは。

西郷ロス(せごロス)とは

西郷ロス(せごロス)(英:SEGO-ROSU)

[名](スル)大河ドラマ西郷どんの最終回を迎えたファンが感じる虚無感。脱力感「-なので今日は会社休みます」

 

誰もが愛した義の男・西郷隆盛

「師弟愛や家族愛、男女の愛、愛に溢れた“日本史上最もモテた男”」

2018年大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)の主人公は西郷隆盛だ。

 鈴木亮平演じる西郷は、果たしてどのような男になるのだろうか。

 

 

 西郷の人となり。それは今も、鹿児島の誰もが目指す人物像だ。

 

一度逢ったら忘れられない豪快な笑い声。

 

誰もが惹き込まれる澄んだ瞳。

 

飢えや貧しさを吹き飛ばす温かいユーモア。

 

全身からあふれる深い慈愛。

 

藩主に対しても物おじせず進言する愚直さ。

 

そして、戦の天才であり革命家。 

 

分厚い背中に誰もが惚れた。

 

 

薩摩の「義」に溢れた男は、自らが指導した私学校生徒に担ぎ出され、西南戦争に巻き込まれる。そして、戦地となった故郷・薩摩で最後を迎えることとなる。

 

 

誰しもが愛し、憧れる男。みなが西郷のもとに集った。

 

あの男にもう逢えないのか。

 

俺が愛した西郷よ。私の恋した西郷さま。

 

何とも言えないこの虚無感。脱力感。

 

 

 

あぁ。これがまさに『西郷ロス(せごロス)』だ・・・。

 

『西郷がいなくなること』の意味

150年前の日本。まさに明治維新が成し遂げられようとしていた。

 

その立役者である西郷は、歴史的革命を見ることなくこの世を去った。

 

薩摩のみならず、日本中が『西郷ロス(せごロス)』に、そしてイギリスを始めとした世界が、『SEGO-ROSU』に襲われた。

 

今も西郷の「地血知-Chi」が根付いている旧薩摩藩・鹿児島

あれから150年の時が経ち、再び日本中が『西郷ロス(せごロス)』に襲われようとしている。

 

 

 

大丈夫だ。心配しなくていい。

 

鹿児島の「地」には今も西郷の息吹が根付いている。

鹿児島の民には西郷の「血」が流れている。

西郷が教示した「知」は、今に伝わっている。

 

2018年12月。

『西郷ロス』に陥る時が、あなたのもとに訪れる。

 

 

その時は、鹿児島の地を訪れてほしい。

 

今も鹿児島で西郷は生き続ける。

 

きっと、あなたが愛した西郷に逢えるはずだ。

 

 

 

西郷どん関連情報を発信しています。

よければ読者登録お願いします。

 

 

西郷ロスのあなたに