頭の中のゼムクリップ

鹿児島。西郷どん(せごどん)。カフェ・ランチ。なんでも書くブログ。

【京都】異次元空間ゲストハウス『しづやKYOTO』の充実のアメニティ。2,500円で感動を味わえる

SPONSORED LINK

f:id:gem-clip:20170705220813j:plain

京都。そこは和の文化の中心地。ところで、あなたは『ゲストハウス』に泊まったことはあるだろうか。僕は、初めて泊まったゲストハウス『しづやKYOTO』で感動を味わうことができた。もう、京都に行くときは、ここ「しづやKYOTO」以外には泊まらない。京都の中心地で、こんなにリーズナブルに宿泊できるなんて。

しづやKYOTO

ゲストハウス「しづやKYOTO」。公式ホームページには、こう書いてある。

また帰って来たい場所。
京のお宿 しづや。
キョウの散策。キョウのごはん。キョウの悦び。キョウの栞。
宿に戻るとまた楽しめる。そんな、お宿。

そのアナウンスに偽りはなく、最高の宿だったので紹介したいと思う。もう、僕は京都に宿泊する際はここ以外に泊まることはないだろう。

f:id:gem-clip:20170630202156j:plain

場所は京都駅から徒歩10分

鹿児島から京都まで旅に出た僕。朝10時過ぎに京都駅に着いた。キャリーバッグをどうしよう。京都駅のコインロッカーに預けるか?でも、京都観光の後、また京都駅に戻らないといけない・・・

 

ダメもとで、宿泊地「しづやKYOTO」に電話してみた。「共有スペースでよければお預かりいたします」とのオーナーの優しい言葉が。京都駅から歩くこと10分。キャリーバッグを預け、安心して京都観光に出かけることができた。(チェックインすると、お部屋まで持って行ってくれていた。何とも丁寧な心づかいが粋だ)

 

f:id:gem-clip:20170630202154j:plain

↑京都駅から移動途中には京都駅周辺を一望することができる

チェックインの時間は?

ちなみにチェックインは15時から夜19時までにしなければならない。ただし、チェックインすれば鍵をもって24時間どこに行ってもOK。僕は、19時にチェックインし、再度、夜の京都のまちにでかけ、夜景などを楽しむことができた。

 チェックイン、チェックアウト
●チェックイン 15:00〜19:00 チェックアウト 10:00
●時間外のチェックインは基本的に出来ません。
交通機関の乱れや、やむを得ず遅れる場合は必ず前もってご連絡ください。

初めて「ゲストハウス」に泊まった

あなたは「ゲストハウス」に泊まったことはあるだろうか。僕は初めてだった。なぜなら「ゲストハウス」について、勝手にこんなイメージを持っていて、なんとなく、で遠慮していたからだ。

  • ヤングな外国人が宿泊客の大勢を占めている
  • 共有スペースは英語、中国語が飛び交って怖い
  • フロントスタッフが外国人

これは、まったくの誤りだった。オーナーはめっちゃ都会っぽいクールな男性の方。チェックインした時は、何とも優しそうな女性が丁寧にお部屋の説明をしてくれた。(おそらく日本の方)

「母屋(おもや)」と「離れ(はなれ)」

f:id:gem-clip:20170630202214j:plain

しづやKYOTO」は大きく分けて「母屋(おもや)」と「離れ(はなれ)」の宿泊スペースがある。奥に見える建物が「母屋(おもや)」で、女性専用のドミトリーや個室がある。

 f:id:gem-clip:20170630202158j:plain

母屋(おもや)の入り口を入った玄関。ここにチェックインカウンターがある。

 f:id:gem-clip:20170630202159j:plain

母屋(おもや)の共有スペース。

木の香りが気持ちを落ち着かせてくれて、ほっとするスペース。

 

f:id:gem-clip:20170630202216j:plain

写真の手前にあるのが「離れ(はなれ)」で男女共用のお部屋が準備されている。

 

ちなみに写真中央にあるのが「カレー屋:アジパイ

ここで食事をとるのも良いだろう。心地よい笑い声が聞こえてくる。

 

f:id:gem-clip:20170630202219j:plain

階段を上がると宿泊スペースが現れる

ここは・・・おしゃれリビング?

f:id:gem-clip:20170630202223j:plain

これが「離れ」の共有スペース。コワーキングスペース?ここで仕事できるじゃん。なんともおしゃれな空間。

 

僕が泊まったのは「離れ 2階 男女混合4人ドミトリー」という、しづやKYOTOで最も安価なお部屋だった。

f:id:gem-clip:20170630202209j:plain

2段ベッドで泊まるのは小学生以来だった。びしっとクリーニングされたシーツ。カーテンで遮ることができるので、隣の宿泊客と顔を合わせることもない。

 

f:id:gem-clip:20170630202224j:plain

ひとりひとりに貴重品用ボックスがあり、安心して寝ることができる。

 

4人相部屋だったのだが、宿泊客は、全員日本人だった。ちなみに、同部屋の二人は関東の女子大学生2人組。旅行で来てます、鹿児島行ったことあります、…などなど、多少なり、たわいもない会話をさせてもらった。30代男性の僕としては、むしろ嬉しいくらいだったが、女性からしたら、男が同部屋というのは嫌な人もいるかもしれませんね。(なので女性専用のお部屋も多数あります)

 

f:id:gem-clip:20170630202207j:plain

その他、「離れ」には「1階 2人用個室」「2階 2~3名和室」「2階 2~3名ツイン」のお部屋がある。それぞれは区切られていて、話声が聞こえるような造りではなかった。

お風呂はよくある自宅用のあれ。でも、ピッカピカ

f:id:gem-clip:20170630202211j:plain

ピクトグラムがオシャレですよね

 

f:id:gem-clip:20170630202212j:plain

お風呂はよくある自宅用のやつ。でも、すごくピッカピカなんですよね。びっくりしました。ぼくはシャワーを使いましたけど、ホントに綺麗でした。スタッフさん、ありがとうです。

f:id:gem-clip:20170630202213j:plain

トイレ、自動オープン。そしてやっぱりピッカピカ

f:id:gem-clip:20170630202205j:plain

 

f:id:gem-clip:20170630202204j:plain

トイレのドアを開けると、センサーが反応して蓋が勝手にオープン。迎えてくれるとなんか嬉しい。そして、トイレ、ピッカピカ。スタッフさんの仕事の丁寧さが垣間見える。

 f:id:gem-clip:20170630202210j:plain

洗濯機もあり。(有料)

とにかくアメニティが充実

ロングステイしたい。ここ「しづやKYOTO」を拠点にして、1週間でも、1か月でも滞在したい。そんな気分にさせてくれる。

f:id:gem-clip:20170630202220j:plain

部屋設備・備品

インターネット接続(無線LAN形式)

ドライヤー(一部)

加湿器空調

f:id:gem-clip:20170630202203j:plain

ボディーソープ シャンプー コンディショナー

化粧水 乳液 メイク落とし コットン

洗顔ソープ 入浴剤 タオル バスタオル スリッパ

 

ホント、素晴らしくないですか?見てくださいよ。 

f:id:gem-clip:20170630202202j:plain

冷蔵庫にも水、お茶、ケトルであったかいお湯もOK

調味料関係も一式しっかり揃っていた。

 

f:id:gem-clip:20170630202221j:plain

鍋、まな板、包丁。ひと通り揃っている。

 

f:id:gem-clip:20170630202222j:plain

電子レンジにトースター

 

f:id:gem-clip:20170630202225j:plain

コーヒー頂きました。美味しかったです。

土日限定で朝食サービス

チェックアウトは土曜日だった。朝、離れにオーナーが訪れ、「よければお召し上がりください」と食パンセットを置かれていった。高級な朝食じゃないけど、朝から気持ちがほっこりした。幸せな気分になって、京都の旅に送り出してもらえた。感動だ。

f:id:gem-clip:20170630202226j:plain

 口コミで広まっている。納得のゲストハウス

「ゲストハウス」に食わず嫌いなあなたにおススメの宿「しづやKYOTO」。

f:id:gem-clip:20170630202200j:plain

 正直、ゲストハウスって、食わず嫌いだったんですね。何となく、で遠慮していた方に一度泊まってもらいたいおススメの宿。ぜひ、その目で確かめてもらいたい。ゲストハウスは「ちょっと怖い」という方。お風呂とトイレは「ピッカピカ」じゃないという方。宿で「ほっこりしたい方」。「連泊したい方」。そんなあなたにピッタリです。

 

それで一泊のお値段は?

f:id:gem-clip:20170630202215j:plain

僕が泊った男女混合ドミトリー(4ベッド)、いくらだと思います?

 

2,500円ですよ。ホント、信じられないです。

 

久々に「感動」の宿に巡り合えました。

 

日本の文化の中心地に、こんなにリーズナブルに宿泊できるなんて。

 

 もう、京都に行くときは、ここ「しづやKYOTO」以外には泊まらないと決めました。

しづやKYOTO

《住所》〒600-8146京都府京都市下京区材木町460
《TEL》075-351-2726
《FAX》075-341-7444
《交通アクセス》京都駅より徒歩にて約10分
《駐車場》無し
《チェックイン》15:00 (最終チェックイン:19:00)
《チェックアウト》10:00
《総部屋数》23室

 

宿泊予約はこちらから

by トマレバ
いかがでしたか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。クリップのゼム、京都へ。2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷どん」、そして薩摩藩ゆかりの地を巡る旅シリーズはまだまだ続きます。よければ読者登録お願いします。

次のストーリーはこちら!