頭の中のゼムクリップ

鹿児島。西郷どん(せごどん)。カフェ・ランチ。なんでも書くブログ。

〔雄川の滝〕滝壺への行き方は?感動の展望台までの遊歩道1キロ旅。駐車場はある?〔鹿児島県南大隅町〕

SPONSORED LINK

f:id:gem-clip:20171002194133j:plain

遊歩道を約1㎞歩いてたどり着いたその先に、感動の展望台がありました。目の前にはエメラルドグリーンの滝壺が・・・鹿児島県大隅半島の南大隅町に、老若男女問わず大人気の滝がありました。「雄川の滝(おがわのたき)」は自然豊かな鹿児島を象徴するパワースポット。

雄川の滝〔鹿児島県南大隅町〕

南大隅町の根占地区を流れる雄川上流にある落差46m、幅60mの滝です。
駐車場から滝壺までは、約1,200mの遊歩道があり、渓流の音に癒されながら自然と一体になれる癒しのスポットです。

これぞ、エメラルドグリーン!感動の滝!

エメラルドグリーン」ってみなさん見たことありますか?若者の間で、インスタ映えする滝・噂が噂を呼んで大人気となっている名所が大隅半島にあるらしい。

 

平日さっそく行ってみることにしました。

鹿児島市内から車で約3時間です。

駐車場は30台以上ある…が、大混雑!

f:id:gem-clip:20171002194143j:plain

平日昼過ぎでもこの車の量!大人気!

平日でこの車の多さです。整備もされており、シルバー人材センターのおじさんが誘導してくれますが、いかんせん多い!

 

おじさん曰く休日は手前まで一杯で、大混雑するみたい・・・人気なんですね。

遊歩道は完備。歩きやすいが結構遠いので注意

f:id:gem-clip:20171002194146j:plain

車を停めたらすぐ遊歩道…ですが、道のりは長い

訪れたのは10月初めでしたが、鹿児島の昼はまだまだ暑い!熱中症に気をつけましょう。

f:id:gem-clip:20171002194148j:plain

えっほ。えっほ。ワクワク

トイレを済ませてから行きましょう

f:id:gem-clip:20171002194145j:plain

f:id:gem-clip:20171002194152j:plain

一応、遊歩道の最初にトイレがあるが・・・

遊歩道の最初にトイレはありますが、仮設トイレです。この入り口の仮設トイレを逃すと滝壺まで一本道なので、近くのコンビニなどで済ませてくるのがおススメです。

f:id:gem-clip:20171002194150j:plain

杖を借りている老人も多かったですよ

雄川の滝の滝壺までは1.2㎞

f:id:gem-clip:20171002194154j:plain

補整されており歩きやすいです

景色を楽しみながら滝壺まで歩きます。砂利道、湧き水で濡れていたりしますので、歩きやすい靴がいいですね。

f:id:gem-clip:20171002194153j:plain

f:id:gem-clip:20171002194156j:plain

f:id:gem-clip:20171002194159j:plain

f:id:gem-clip:20171002194157j:plain

川面の色が既にエメラルドグリーンなんです

川辺の遊歩道を歩いていくわけですが、川面の色は立派なエメラルドグリーンです。期待が膨らみます。楽しみです。

f:id:gem-clip:20171002194158j:plain

瀧見大橋は頭上80mに。渓谷の深さが80mってこと

すげーーー(*''ω''*)

この瀧見大橋をさっき車で通ってきたんです。今歩いている雄川から見上げると迫力ありますね~!この渓谷の深さは80mもある。どうやってあの橋かけたんだろう、とかいろいろ妄想しちゃいました。

f:id:gem-clip:20171002194125j:plain

もうすぐ到着です

f:id:gem-clip:20171002194124j:plain

すれ違いざまに挨拶するのは山登りみたいな雰囲気

途中、雄川の滝から帰る人や、後から来た人に越されたり、十数名の方々とすれ違いましたが、みなさん「こんにちはーー!」って挨拶されるんですよね。

 

みなさんの格好といい、この遊歩道の雰囲気といい、完全に山登りのアレですね。

「雄川の滝」滝壺に到着です

f:id:gem-clip:20171002194133j:plain

滝壺は完全にエメラルドグリーン

f:id:gem-clip:20171002194132j:plain

不思議な壁面形状

f:id:gem-clip:20171002194134j:plain

独特の壁面 伏流水が湖面に広がる姿は幻想的でもある

f:id:gem-clip:20171002194131j:plain

水量が多く、砂利面は隠れてしまっていた

他サイトの管理人様が、南大隅町役場の方に聞いてくださった話によると、「晴れた日が続き水量が極端に少なるほど、エメラルドグリーンが映える」とのことでしたが、この日は水量が多かったようで、砂利面が隠れるくらいでした。それでも、本当に綺麗な色をしていましたよ(#^^#)

展望台は2017年8月に完成したばかり

f:id:gem-clip:20171002213233j:plain

f:id:gem-clip:20171002213234j:plain

展望台は2017年8月に完成したばかりです

展望台は2017年8月に完成したばかりのようです。遊歩道の道中でも感じたのですが、老若男女問わず大人気です。ご老人がベストスポットで長時間何枚も写真撮影を楽しんでおられました。

車なら、雄川の滝「上部展望所」もある

実は、この「雄川の滝展望台」には、もう一つ「上部展望所」というところがあります。僕は、最初グーグルマップで「雄川の滝」で検索すると、コチラを案内されたのですが、到着するまで気づきませんでした。要注意です。

f:id:gem-clip:20171002194136j:plain

雄川の滝上部展望所入り口

f:id:gem-clip:20171002194137j:plain

しばらく階段をくだるとすぐに雄川の滝上流に到着

f:id:gem-clip:20171002194140j:plain

f:id:gem-clip:20171002194138j:plain

f:id:gem-clip:20171002194139j:plain

雄川の滝は九州電力の水力発電の採水場所でもある

実は雄川の滝は大正時代から続く九州電力の水力発電採水口でもあります。訪れた日は放水していたので、水量が余計に多くなっていたようでした。

f:id:gem-clip:20171002194142j:plain

雄川の滝上流から、展望台への道案内図
いかがでしたか?

「雄川の滝」最高のパワースポットでした。感動できます。先日のランチビュッフェ「ブルーラインサクラ」といい、鹿児島県大隅半島、(・∀・)イイネ!!

是非、訪れてみてください(#^^#)

雄川の滝

《住所》鹿児島県南大隅町根占川北12222

《電話番号》 0994-24-3115 (南大隅町役場観光課観光推進係)

《駐車場》 駐車場台数 30台

《料金》 無料

《休日》 無休

※悪天候時や上流での雨量が多くなった場合は遊歩道への立入禁止