頭の中のゼムクリップ

鹿児島。西郷どん(せごどん)。カフェ・ランチ。なんでも書くブログ。

【2018大河・西郷どん対応】鹿児島の観光旅行ガイドブックはコレで決まり!薩摩藩が総力を挙げてつくったよ

SPONSORED LINK

f:id:gem-clip:20170709103338j:plain

2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷どん」が始まりますね。「西郷どん(せごどん)」こと鈴木亮平演じる西郷隆盛に会いに、旧薩摩藩・鹿児島に行きたくなる方も多いのではないでしょうか?そんな方のための観光旅行の予習アイテム、地元鹿児島人が自信をもっておススメするガイドブック「恋する鹿児島」を紹介します! 

鹿児島の観光ガイドブック「恋する鹿児島」のご紹介

 2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)ガイドブック恋する鹿児島の表紙 

無難に「るるぶ」「まっぷる」…でいいんですか?

 西郷さんに会いたい!鹿児島行きたい!って思った方。ガイドブック、買いますよね?

 

最近は現地でググればOK!という方も増えているかも知れませんが、下調べは重要。やっぱりプロがまとめた雑誌を見て手に取りながら回りたいものですよね。

 

そんなあなたはやっぱり「るるぶ」「まっぷる」に頼るのでしょうか。

 

↓(まっぷる鹿児島17-18

るるぶの表紙

これ、「ベタ」なんですよねえ・・確かに上手に派手にアピールしてくれるんですが、なんかゴチャゴチャしてるし、地元(通称かごんま)の人がつくってるわけじゃないし…

 

 グルメ・料理もおいしそう。でも、行ってみたら観光客ばかりで地元の人は誰もいない、とかありますよねえ…無理もないですよね。あれに載せるには相当な広告料が発生してますもんね。高級な、大手の、ベタな、観光客のための、地元人はあまり知らないスポットが載ってるんですよね・・・

 

皆さんの地元のるるぶ・まっぷるもそうじゃないですか?鹿児島だけ?

 

かごんま納得のガイドブックは「恋する鹿児島(旧・鹿児島観光ガイドブック)」で決まり

 

そんな中、2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」を見据え、鹿児島人がつくったガイドブックが発売されました。最新の2017年3月発行の出来立てほやほやです。これまで、「鹿児島観光ガイドブック」として発行されていたものの完全リニューアル版です。

 

 ↓旧・鹿児島観光ガイドブック(これも本当に良本)

旧・鹿児島観光ガイドブック

やっぱり、地元かごんまの人たちでつくらないと。このガイドブック、鹿児島県観光連盟が発行しています。そして、斯文堂(しぶんどう)という、鹿児島人で知らない人はいない「TJカゴシマ」(地元ではnon-noより売れているw)を発行している出版社の企画編集です。そう、かごんまが総力を挙げて作製した観光ガイドブックなんです!

 

↓鹿児島では売り上げナンバー1の「TJカゴシマ」

TJかごしまは鹿児島県の売り上げナンバー1

 

 なのにこのガイドブック「恋する鹿児島」は鹿児島県と都会(東京など)の超大手書店のみで販売・・・モッタイナイ(amazonでも販売中とのことでご紹介します)

2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)のガイドブック恋する鹿児島の中身

島津家お膝元の紹介を見て、鹿児島の観光ガイドはコレしかないと思った。

 

 鹿児島で西郷さんの悪口を言ったら生きては帰れません。我が薩摩藩の偉人のおかげでこの世がつくられたと鹿児島人はいまだに思っています。(--;)スミマセン

 

そう、鹿児島の観光は、明治維新の歴史抜きには語れないんですよね。地元鹿児島人は、みんな、薩摩の歴史を知っています。このガイドブックでは、こうした薩摩の英雄にスポットを当て、現地で楽しむことができる納得の観光地が紹介されています。

ガイドブックは薩摩の英雄も取り扱っている

  

鹿児島にお越しになる皆様は、薩摩の偉人である鈴木亮平(西郷隆盛)やディーンフジオカ(五代友厚)たちをお目にかかれます。あっ…銅像ですが☺

 

そうそう。ちゃんと、代々の島津のお殿様の銅像がある「探勝園」なんかも紹介されています。

 

あ~ん。もう。分かってるんだから。ソコなのよ。わざわざ(笑)鹿児島まで観光に来てくださった方に見てもらい名所って。そんな内容です。

 

2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」対応  

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」を機に鹿児島に行ってみよう、と思ってくださる方も多いと思われます。このガイドブックも、もちろん、西郷隆盛を重点的に紹介しています。県民から愛される偉人を知っていただき、ぜひ西郷どんゆかりの地を堪能してもらいたいものです。

 

より、大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」自体も楽しんでいただける内容になっています。2008年(平成20年)に放映された「篤姫」を思い出します。鹿児島の数々の名所で撮影が行われたんですよね。きっと、このガイドブックで紹介されているスポットから、「西郷どん」の撮影スポットも出てくることでしょう。

西郷どんの撮影スポットも出てくるかな

広すぎる鹿児島の全域を網羅。ひとつに絞るのが鹿児島人のおススメ

鹿児島県内には、本当にいいところがたくさんあります。ただし、なにぶん広い!離島も含めて全長600㎞もあります。(東京ー広島間くらいです)

 

このガイドブックでは、県内全ての43全市町村それぞれの名所が紹介されています。うん。いい感じ。

 

↓曽於市(そおし)の名所

全ての市町村のおススメスポットがしっかりと紹介されている

鹿児島人がツアーを組むなら、1日は鹿児島市内で「西郷どん(せごどん)」関連を堪能+もう1日はレンタカーでお気に入りの「まち」を巡るのがおススメです。

 

鹿児島はひろ~い県ですので、どこかひとつの市町村に絞ったほうがいいと思うんです。どこのまちも名所はありますよ。そんな43の自治体のそれぞれが、まちの維新をかけて、おらがまちを紹介していますので、必ずお気に入りの鹿児島のまちが見つかるはずです。

 

ぜひ、これを見て、迷って迷って計画してくださいね(^^)/

2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)ガイドブックの表紙

 せっかく鹿児島を訪れるなら本物を堪能してもらいたい

 県外の友人が鹿児島に来たら、ココに案内しよう。そんな地元かごんまがコーディネートしそうな観光ツアーが網羅されているガイドブックになっています。鈴木亮平演じる西郷隆盛に恋したあなた!これ見て予習して、ぜひ鹿児島にお越しくださいね! 

 

念のため鹿児島県観光連盟のホームページを。  

鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま

 

 

2018年(平成30年)大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)を知ろう